ライブはどれくらい儲かる?B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 横浜スタジアムの場合

2018年8月5日に日産スタジアムで開催された、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018に行ってきました。

アリーナツアーの観客数、派手なセットに圧倒された私・・・

約75,000人が一つの会場で同じ時間を共有する興奮を感じながら、

ビジネスとしてどのくらい儲かるんだろう?と考えてみました。

 

 

Sposored Link



 

 

ライブのもうけとは?

 

単純化すると、

ライブツアーの売上(チケット代費用(ツアーにかかる諸々の経費利益(もうけ

 

チケット代の金額と観客数は判明しているため、ツアーにかかる諸々の経費がいくらかさえわかれば、儲けがわかる仕組みです。

 

ネットで調べていると、参考になる記事をアップされているtwitterを発見しました。

 

こちらを参考に、B’z LIVE-GYM Pleasure 2018の日産スタジアム公演、2日間でいくら儲かったか?を計算してみます。
Sposored Link



 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018  日産スタジアム公演の概要

開催日:2018年8月4日(土)、5日(日)

観客動員数:約75,000人/日、二日間で15万人

チケット代金:SS席 14,000円(消費税込)、S席 9,500円(消費税込) 、A席 5,000円(消費税込)

場所:日産スタジアム

Sposored Link



 

週末2日間の日産スタジアムB’z公演の儲け予想

 

前述のtwitter記事のベテランアーティストを参考に、同じ割合で儲け予想額を算出すると・・・

チケット販売だけでのもうけは、2日間で4億8,600万円!!

ちなみにB’zさんのギャラとしてのアーティスト出演料は、2日間で2億250万円!!

桁違いの数字です。

 

単価 1日

 (7万5千人)

2日間合計

(15万人)

売上 9,000円 6億7,500万円 13億5,000万円
 イベンター経費   900円 6,750万円 1億3,500万円
 宣伝費 900円 6,750万円 1億3,500万円
コンサート製作費 900円 6,750万円  1億3,500万円
スタッフ人件費 360円 2,700万円 5,400万円
アーティスト出演料 1,350円 1億125万円 2億250万円
会場・付帯設備費 1,350円 1億125万円 2億250万円
利益(もうけ) 3,240円 2億4,300万円 4億8,600万円

 

(注)

※チケット代金は、概算で9,000円として計算しています。

大半を占めるS席が9,500円(税込)で、税抜に直すと8,796円。高いSS席もあるので、ざっくり9,000円という計算。

 

※twitter記事はチケット1枚10,000円の想定ですが、今回は9,000円で計算しているので、内訳の単価もその分変更させています。

 

全て正確な情報に基づくものではなく、あくまで予想にすぎません

 

Sposored Link

 

 

twitter記事の内訳が完全に正確というのはあり得ませんが、利益率36%なのでビジネスとして明らかにおかしい数値ではないはずです。

 

なお、アーティスト本人に入る金額は、ここではアーティスト出演料として見えていますが、

ライブの儲けが入る会社からもアーティストに儲けが移る構造になっている可能性もあるので、これだけではないんじゃないかなという予想です。

 

また実際はグッズの販売からの儲けなどもあるため、利益は大きいはず。

どれくらいあっているのでしょうか・・・?

 

Sposored Link