土地の取引は非課税取引?

部署の税金に詳しい先輩は、消費税こそ難しいって言うので、消費税は侮れないと思っている莉奈です。

 

土地 が出てくる取引は、全て「非課税」と思いがちですが、そんなことはありません。事例と考え方で良いものが、T&A masterに紹介されていました。
Sposored Link


非課税取引の最大のポイント

 

非課税取引は、限定列挙です。

これは非課税じゃないか!と考えても、列挙されていなければ当てはまらないと言うこと。

 

非課税取引には、「土地の譲渡および貸付け」が挙げられているので、土地は非課税と考えてしまいがちなのですが、土地に関する全ての取引が非課税ではないのです。

地売買の仲介手数料、土地造成費などは、「譲渡」や「貸付け」に該当しないので課税取引です

不動産の取得取引があった時、このあたりの話や、色々按分計算したり厄介です・・・経理はこまかい!

 

 

そもそも非課税取引にならない国内取引

ただ、たとえ「土地の譲渡」に当てはまっても、

 

 

課税取引の大前提、天下の4条件、に当てはまらないと、そもそも課税取引にならないと言う罠。

 

4条件はこちら・・・

①事業者が事業として行う

②対価を得て行う

③資産の譲渡、資産の貸付、役務の提供

④国内において行う

例として・・・

保有する土地を寄付した場合は?

不課税(課税対象外取引)

→無償取引なので、「対価を得て行う」に当てはまらない

 

外国に保有する土地を売却した場合は?

不課税(課税対象外取引)

→国外取引なので、「国内において行う」に該当しない

 

個人事業者がマイホームの敷地を売却した場合は?

不課税(課税対象外取引)

→マイホームは家事用資産。「事業者が事業として行う」に該当しない

Sposored Link


 

土地と混ざりがちな住宅は?

住宅については、「住宅の貸付け」が非課税取引で挙げられています。

だから貸付ではない、住宅(建物)の譲渡は課税取引なんですね。

 

まとめ
消費税って難しすぎ・・・「非」課税なのに、課税取引っていうところから混乱させられると思う 

Sposored Link